スポンサーリンク
こちらの商品に関連するプレゼントイベント (就職祝い)

就職祝い プレゼントの教えてQ&Aまとめ

就職祝いのマナーに関する質問など

社会人としての新しい出発という門出を祝う、就職祝い(転職祝い)は人生の節目となる大事なイベントです。そんな、就職祝いのプレゼント選びに参考になるマナーをQ&A形式でご紹介します。就職祝いのマナーの参考例として覚えておきましょう。

就職祝いの相場
就職祝いの相場の目安は1万円~2万円だと言われています。
※参考額
親・・1万円
兄弟・・1万円
親戚・・5000円or1万円or2万円
知人友人・・5000円or1万円

就職祝いに一番喜ばれるのは現金の贈り物?
現金の贈りものは、どんなプレゼントより実用的な贈りものだといえるでしょう。しかし、現金は日々の生活で何気なく消耗してしまうものです。後々、就職祝いという人生の節目の思い出になるのは、時計や筆記具のような物のプレゼントなのかもしれません。

就職祝いに何をプレゼントして良いかわからない?
社会人という新しい生活をはじめる方へのプレゼントには、実用的に利用できる贈り物が定番です。ビジネスバッグ・名刺入れ・パスケース・システム手帳など仕事でも利用できる実用的な贈り物などは、仕事のヤル気もアップする最適な贈り物だといえるでしょう。当サイトではオススメの就職祝いプレゼントをご紹介していますので合わせてチェックしてみてくださいね。→就職祝いプレゼント選び

知人友人への就職祝いは必要?
就職祝いは親兄弟親戚までとするのが一般的です。しかし、仲の良い友人や恋人への再就職祝いや転職祝いなど、あなたが御祝いしたい気持ちがある場合はその範疇ではありません。ただし、あまり高価過ぎる贈り物は、逆に気を使を使わせてしまうので控えるようにしましょう。

卒業祝いと就職祝い両方を贈る必要はありますか?
卒業の後に、就職を控えている場合には後のお祝いに重きを置いて卒業祝いを省略するのが一般的です。現金を送る際の表書きは「祝御就職」「就職御祝」「御祝い」などでいいでしょう。品物を贈る際にも、社会人としてこれから必要になるネクタイやビジネスバッグなど、これから必要になる物を選んでみましょう。

就職祝いにNGなプレゼントとは?
→就職内定が正式に確定する前の贈り物
→豪華すぎるプレゼント

就職祝いのお返しは必要?
「お礼の気持ちを伝えれば、基本的にはお返しは不要です。」 就職祝いのお返しは、贈られた本人から電話や手紙などでお礼の気持ちを伝えましょう。家族や両親など、感謝の気持を込めて初任給や初ボーナスで無理なく買える物や食事の招待などをプレゼントしましょう。「初任給で両親にプレゼント」就職する際にお世話になった方への就職後のお礼の挨拶の際には、菓子折りや洗剤ギフトなどの消耗品などの手土産を持参するようにしましょう。※表書きは「御礼」「御挨拶」「松の葉」「内祝」など

再就職祝い・転職祝いには何を贈ればいいの?
再就職や転職祝いには、実用的な物をプレゼントするのが一般的です。新卒の方へ通過儀礼のような現金の贈り物は筋違いだといえるでしょう。友達の再就職祝いなどでは、食事などを奢るのもいいですね。

就職祝い・転職祝い おすすめなプレゼント

関連するコンテンツはこちら

スポンサーリンク

今月の気になるギフト

▼遂に登場!オリジナルナンバープレートのスマホケース
▼毎日ビタミンを摂取しよう!最新式サイレントジューサー

スポンサーリンク