スポンサーリンク
こちらの商品に関連するプレゼントイベント (退職祝)

退職祝い プレゼントの教えてQ&Aまとめ

退職祝いのマナー

退職祝いのマナーに関する質問など

人生の節目をお祝いする退職祝いに関するマナーをQ&A形式でご紹介します。退職祝いのマナーの参考例として覚えておきましょう。

退職祝いを渡すのはいつ?
退職を渡すタイミングについては、退職する方の理由などにも大きく関係してきます。定年退職などは「退職祝い」「退官祝い」など御祝いとされますが、他の理由に起因する場合には「餞別」とします。退職祝いを渡すタイミングについては、送別会などを行う際にはその席で渡すのが一般的のようです。個人的に特にお世話になった方に贈り物をする場合には事前に渡すことも不自然ではないと言われています。数人で集まって送別会や贈り物をプレゼントすることもありえますので、周りの方と事前に確認などをとっておきましょう。
※会社によって慣例などもあることですので、会社の前例や周りの方の意見も参考にしてみましょう。

餞別の熨斗について 書き方と意味について
餞別(せんべつ)の餞とい字は「はなむけ」と読み「馬の鼻向け」という言葉になります。馬の鼻先はこれから歩み出す方向を示す指針となり、安全な旅立ちを祈願する意味合いで使われているそうです。
定年退職などで会社を退社する際には、長い仕事の業務を終えた御祝いとして「退職祝い」とするのに対し、それ以外の退社の場合には「お餞別」として花むけを贈ります。
お餞別を贈る際の、のしの書き方は「御餞別」「お花向け」などが一般的です。餞別の相場については5,000円~1万円が一般的ですが、数人で集まりお金を集めたりして一つの贈り物をすることもあります。

出産を控えた方への退職祝い
定年退職などではないので基本的には「退職祝い」として贈り物をするのは不適切だといえます。出産・妊娠・懐妊をお祝いするという意味合いで「御祝い」などと考えることもあるかもしれませんが、妊婦の方への出産前の「御祝い」は万が一のことを考えるとタブーだとされておりマナー違反だと言えるでしょう。この場合には、心ばかりの贈り物という意味などで使われる「寸志」「志」などが相応しいと考えられます。

退職祝いにNGなもの
退職祝いは、基本的には自分より目上の方(上司の定年退職など)に贈るという観点からいうと「足で踏むもの」「下に身に付けるもの」「割れやすいもの」「切るもの」「壊れやすいもの」などはNGだと言われてきました。
上記以外にも、香典返しなどで使われる「日本茶」苦しい・死などを連想させる「櫛 くし」さらには漢字で手巾(てぎれ)と書くハンカチなども「手切れ」「縁切れ」などの意味合いから良くないとされています。
しかし最近では考え方も柔軟になり「切るものなどは未来を切り開く」などの意味合いでも考えられるようになり気にしない方も多くなったそうです。一つの参考として退職祝いのマナーとして覚えておきましょう。

退職祝いのお返し
退職祝いのお返しに関しては、多くの方の意見では「不要」だと言われています。定年退職などで送別会などがある場合には、お世話になった方へお礼の意味を込めて菓子折りなどを贈る方が多いようです。会社の慣例や前例などに左右される部分もありますので、大先輩や周りの方に相談してみるのも良いでしょう。

退職祝いと還暦祝いは一緒にしても平気?
例えば、卒業祝いと就職祝いなどの場合には、後の御祝いに重きをおいて「就職祝い」とするのが一般的です。しかし「退職祝い」と「還暦祝い」では意味合いとしては大きな違いがあるとも言えるでしょう。家族での贈り物であれば二つを一緒にすることで、旅行などの大きな家族のイベントをプレゼントする場合もあることでしょう。その際にも、心ばかりの感謝の気持ちを込めた「退職祝いの花」などを用意しても良いですね。

退職祝いに何をプレゼントすればいいの?
退職祝いには、これから退職後に利用できる物をプレゼントするのが一般的です。相手の趣味に合わせたものや、相手の好みなどに合わせたプレゼント選びをしてみましょう。代表的な贈り物としては「花」「インテリア」「雑貨」などから、趣味に合わせた「ゴルフ用品」「釣り道具」「ガーデニンググッツ」、実用的に利用できる「時計」「ファッションアイテム」などもいいですね。男性と女性など性別でもプレゼントにふさわしい内容は大きく変わってきますので同性の方に相談しても良いですね。退職祝いのプレゼント選びについてはこちらもご参考にしてください→退職祝いプレゼント選び

関連するコンテンツはこちら

スポンサーリンク

今月の気になるギフト

▼油を使輪内で揚げ物がで作れる!?エアフライヤーが注目を集めています
▼テレビで話題の1万円高級ふりかけ

スポンサーリンク