スポンサーリンク
こちらの商品に関連するプレゼントイベント (プレゼント関連コラム)

プレゼントとギフトの違いについて

プレゼントとギフトの違いについて
プレゼントとギフトの違いについて
同じような意味で使われる、プレゼントとギフトですが、どちらの言葉の意味も「贈り物」「贈答品」や「寄付」などの意味合いで使われています。どちらを利用しても間違いでないのですが、多くの方がプレゼントとギフトという言葉に対して自然に使い分けをしているようです。今回はプレゼントとギフトについての使い分けについて、いくつかの例をご紹介します。
※私の主観による考えを含みます。
プレゼントとギフトの違いについて
自分を基準にした年令による使い分け
恋人や、自分の子供への贈りものはプレゼントとするのに対し、目上の方への贈りものはギフトと呼ぶことが多いようです。
例:誕生日プレゼント=恋人や子どもへの贈りもの
  誕生日ギフト=両親への贈りもの、先生への贈りもの、先輩への贈りもの。
贈りものイベントに合わせた使い分け
誕生日やクリスマスなどのイベントシーンでは「プレゼント」という言葉が使われるのに対し、お中元やお歳暮などの贈りものでは「ギフト」という言葉が使われるのが一般的です。
懸賞や無料試供品など
懸賞や無料の試供品などには「プレゼント」という言葉が使われます。
お金や商品券の場合について
お金や商品券など、現金に近いものを贈る際にはギフトという言葉が使われます。商品券などは、ギフト券、ギフトカードなど、ギフトという言葉が使われます。
商品の価値、価格による使い分け
プレゼントという言葉でも、ギフトという言葉でも価格による使い分けはありません。

関連するコンテンツはこちら

スポンサーリンク

今月の気になるギフト

▼オシャレで宝石箱のようなケースが素敵なジェラート
▼あると便利な話題の毛玉取りブラシ『浅草アートブラシ』

スポンサーリンク