スポンサーリンク
こちらの商品に関連するプレゼントイベント (開店祝い)

開店祝い プレゼントの教えてQ&Aまとめ

開店祝いのマナー

開店祝いのマナーに関する質問など

新しく新規にお店を開店したり、お店のリニューアルオープンなど、開店祝いに関するマナーをQ&A形式でご紹介します。開店祝いのマナーの参考例として覚えておきましょう。

開店祝いのNGプレゼント
開店祝い・開業祝いには「火・火事」を連想させるプレゼントはタブーだと言われています。例えばストーブ、ロウソク、ライターなど。また、花を送る際にも火を連想させる赤よりも他の色合いを選ぶのが良いとされています。

開店祝いにはどんな花を贈ればいいの?
▼開店祝いの定番フラワーといえば胡蝶蘭です。
開店祝いには、胡蝶蘭など豪華で美しい花が人気です。新しく開店したお店などでは火を連想するような赤を基調とした物は避けたほうが良いと言われているので、ピンク・白・黄・などを差し色としてカラー選びをしてみましょう。

▼開店祝いに花を持参する際には
開店祝いの際に花を持参する際には、そのまま飾ることの出来る鉢植えタイプや、籠に入ったアレンジメントフラワーなどを選ぶようにしましょう。切花タイプでは、手元に花瓶がない場合などに別途用意する手間などが必要となってしまいます。

▼数人で贈る際にオススメな花
数人で集まって花を贈る際には、お店の入り口や外に飾ることのできるスタンドフラワーなどは、お店を華やかに見せてくれるだけでなく、新規に開店したということを目で見て伝えることもできる広告塔としても活躍してくれることでしょう。
開店祝いのスタンドフラワーなどは、専門業者などもあり1万5千円程度から用意することができます。スタンドの設置だけではなく、撤収なども専門業者が行なってくれるので店舗に負担をかけることなく美しい花の彩りをプレゼントすることができます。

▼記念に残したいフラワーギフト
お店のカウンターや、レジ周りなどにインテリアとして花をプレゼントしたいのであれば、プリザーブドフラワーなどで作られたアレンジメントフラワーもオススメです。プリザーブドフラワーは、特殊な液体などで加工がされたお花で、いつまでも生きているように美しく枯れない花として近年人気のフラワーギフトです。
関連記事:開店祝いにおすすめな花ギフト

開店祝いに花輪を贈る際に参考になる質問
お店の開店祝いなどには、お店の広告塔としても活躍が期待できる花輪を贈ることもあることでしょう。花輪は開店祝いだけでなく、お店のリニューアルオープンや大規模なイベントなどでも使われるように、近隣地域への抜群の広告効果があると言われています。

▼花輪はどこで買えるの?
生花のスタンドフラワーなどは花屋さんで取り扱いがありますが、造花で作られた一般的な花輪はセレモニー関連の専門業者のみでの取り扱いとなります。造花花輪などのキーワードでネットで検索するか、電話帳などで探してみましょう。また、花輪は基本的には「販売」商材ではなく「リース」するのが一般的です。

▼花輪の価格・費用はどのくらい?
花輪は基本的にはリース価格です。相場としては1万円~3万円が主流のようです。また、花輪にお店のマークや特別な形をオーダーすることも可能ですので予算に合わせて選んでみましょう。

▼花輪を飾る期間にきまりはあるの?
花輪を飾っておく期間については、とくに決まった期間はないそうです。開店祝いのキャンペーンなどを行なっているのであれば期間中は飾っておくことで宣伝効果を得られます。ただし、長期間にわたって外に飾ることで汚れてしまったりすることなどで店の見た目が悪くなるのは避ける必要があります。

開店祝いにオススメな縁起物とは?
開店祝いには、商売繁盛や幸運を招き入れると考えられる縁起物の贈り物は定番ですね。一般的に有名な「招き猫」「大入額」などだけではなく、地域に根づいた縁起物などもあるので探してみるのも良いでしょう。「ゴールドチャーム」「サンキャチャー」などは、洋風のインテリアとも馴染みがよく、美容室やサロンなどの開店祝いにもオススメです。
関連記事:開店祝いインテリア・縁起物一覧

開店祝いにお返しは必要?
開店祝いのお返しは「お礼の気持ちを伝えれば、基本的にはお返し不要です。」長い付き合いのあるお客様などには、宣伝などの意味も込めてサービス券や割引券、ショップ限定で作ったノベルティなどをプレゼントしても良いですね。

関連するコンテンツはこちら

スポンサーリンク

今月の気になるギフト

▼本物そっくり!手間いらずの人工観葉植物
▼『温泉湯どうふ』のギフトセットが人気!

スポンサーリンク